地震対策!備蓄しておきたいおすすめの非常食

選ぶときのポイント

  • 調理不要ですぐに食べられる
  • カロリーが取れる
  • 重くない・収納場所を取らない
  • 賞味期限が長い

軽くて非常食になるものリスト

高カロリーの救難食糧ER9(イーアール9)

コンパクトな備蓄食

合計カロリー 2465kcal
1個当たりカロリー 273kcal
重さ 500グラム
賞味期限 5年
税込み2050円

安さ 100kcal当たり84円
主な原材料
小麦粉・植物油脂・砂糖・脱脂粉乳・ピーナッツ

アレルゲン
小麦・乳・ピーナッツ

メリット・デメリット
軽くて小さいので持ち運びにも便利です。
9個重ねても500mlペットボトルより小さい大きさです。(17センチ×6.5センチ)

小さいですが、カロリー、タンパク質、脂質、糖質、塩分が取れる非常食です。

小さくてカロリーが取れるのは脂質が多いから、1つ当たり10gの脂肪分が入っているのでこればかり食べずに、ご飯や缶詰と併用したほうがよさそうです。

全部で2450kcal取れる救難食糧イーアール9

カロリーメイトロングライフ(3年保存)

非常食

1箱のカロリー 200kcal
重さ 50グラム
賞味期限 3年
税込み130円
安さ 100kcal当たり67円

主な原材料
小麦粉、食用油脂、砂糖、卵、アーモンド、ココアパウダー、脱脂粉乳、大豆タンパク、小麦タンパク、チョコレート、でん粉、塩、カゼインナトリウム、乳化剤、香料、炭酸マグネシウム

アレルギー物質
小麦粉・卵・アーモンド・乳・大豆

メリット・デメリット
60個セットでも3kgにしかならない軽量な食料です。
カロリーメイトもER8と同じく高カロリービスケットですが取れるのがカロリーだけではありません。
ミネラルやビタミンなど16種類の微量栄養素が入っているので、栄養バランスが偏ってしまう災害時に最適です。

100kcal当たり67円と、イーアール9よりコストパフォーマンスもいいです。

デメリットはやはり脂質でカロリーを取っていること、ごはんやパン缶詰をメインにして、他では取れないビタミンやカルシウムなどの補給に食べると良いと思います。

60個入りのパッケージでも3kg、33センチ×23センチとA4サイズ程度で場所を取りません。
ビタミンの補給にカロリーメイト3年保存60個セット

尾西のアルファ米

備蓄用のアルファ米

1個当たりカロリー 約380kcal(おかゆは150kcal)
重さ 100グラム
賞味期限 5年
税込み280円

主な原材料
米、その他はシリーズによります。

アレルギー物質
白飯・わかめごはん・田舎ご飯・白がゆ・赤飯・梅がゆはアレルゲンフリーです。(アレルゲンを含む製品と隔離した作業場で製造)

五目ご飯・山菜おこわ・ドライカレー・チキンカレー・エビピラフ・松茸ご飯
は大豆や小麦・豚肉などのアレルゲンが含まれています。

安さ 100kcal当たり74円

メリット・デメリット
なんといっても、これがあれば災害時にごはんが食べられます。
尾西のアルファ米は12種類の味が用意されていて、1日3食4日間、違う味を楽しめます。
白ご飯は塩分が入っていないので、缶詰やレトルトカレーと食べてもおいしいです。

デメリットは水が必要なことと時間がかかること

アルファ米なので水かお湯で戻す必要があります。
1食あたり160ccの水を用意しないといけません。
12食分なら1920cc(2Lペットボトル1本分)

作るのにかかる時間は水の場合60分、お湯の場合15分の時間。高カロリービスケットのようにさっとは食べられません。

それでも災害時にごはんが食べられますし、お湯で作れば炊きたて風の温かい食事が食べられます。
高カロリー食や甘い物で脂質や砂糖に偏った食事にならないためにぜひストックしておきたい食料です。

12シリーズのうち6個がアレルゲンフリーである点も安心です。

災害用備蓄パン(パンの缶詰)

災害用備蓄パン(低タンパク質)

合計カロリー 2100kcal
1個当たりカロリー 約350kcal
重さ 1缶100グラム
賞味期限 5年
税込み2700円

主な原材料
小麦粉、植物性油脂、砂糖、卵、豆乳、植物性蛋白、オレンジ、動物性油脂、脱脂粉乳、イースト、水飴、ココアバター、全粉乳、生クリーム、洋酒、食塩

アレルギー物質
乳・小麦粉・卵

安さ 100kcal当たり129円

メリット・デメリット
調理なしですぐに食べられる柔らかくてほんのり甘いパンです。
高齢の方や小さな子供でも食べられる柔らかさです。

デメリットは他の非常食より割高な点、100kcal当たりの価格ではカロリーメイトの約2倍です。

高カロリークッキーは乾燥していて口の中の唾が吸い取られて水がないと食べにくい、乾パンは硬すぎて食べられない、という方に必須の備蓄食です。

長持ちする羊羹「えいようかん」

小麦・卵が入っていない非常食

合計カロリー 850kcal
1個当たりカロリー 170kcal
重さ 500グラム
賞味期限 5年
税込み430円

主な原材料
生あん・砂糖・寒天

アレルギー物質
アレルゲンフリー

安さ 100kcal当たり49円

メリット・デメリット
100kcal当たり49円と、非常食の中ではかなり割安です。
原料にアレルゲンが含まれていないこと、甘すぎないこと、子供から大人まで食べられることもメリットです。

デメリット
水分が多いのでやはり、100kcal当たりの重さが他の非常食より重いです。
カロリーメイトは100kcalで20gですが
えいようかんは100kcal当たり34g、
アルファ米は100kcalあたり26グラム

ただアルファ米は水が必要なのでそれを考慮すると、この羊羹のほうが軽いです。

水なしでも食べやすい5年保存の非常食えいようかん

1日1200kcal取るための組み合わせ例

非常食を備蓄するときに気になるのは、
1人分でも1週間だとどのくらいになるか
いくらくらいかかるか

そこで非常食の組み合わせ3パターンで必要な量とおよその金額を計算しました。

例1 1人3食、7日分の目安

備蓄用のアルファ米 非常食 小麦・卵が入っていない非常食 コンパクトな備蓄食

1日目
朝 カロリーメイト1箱
昼 アルファ米(ドライカレー)
夜 アルファ米(五目ご飯)とイーアール9

2日目
朝 イーアール9
昼 アルファ米(白ご飯)
夜 えいようかん1個とカロリーメイト

以後、アルファ米の味付けをローテーションする

必要な量
カロリーメイト 7個
イーアール9 1個
アルファ米 10個
えいようかん 7個

1日当たりの平均1260kcal
費用の目安 6300円

例2 1人3食、7日分の例(毎食アルファ米を食べる)

備蓄用のアルファ米 非常食

朝 アルファ米
昼 アルファ米
夜 アルファ米+カロリーメイト

1週間で必要な量
アルファ米 21食
カロリーメイト 7個

平均1310kcal
費用6790円

例3 1人3食、7日分、1500kcal取る場合

備蓄用のアルファ米 非常食小麦・卵が入っていない非常食

朝 アルファ米
昼 アルファ米+カロリーメイト
夜 アルファ米+えいようかん

1週間で必要な量
アルファ米 21個
カロリーメイト 7個
えいようかん 7個

平均 1510kcal
費用 7300円

面倒なときはセットを使う方法も

1人3日分、
3人1日分、
1人1週間分などセットになった商品もあります。

収納をコンパクトにしたい、
いろいろ選ぶのが面倒な場合などはこちらにセット商品のリストを作りました。
非常食1人3日分・7日分のセット

このページの先頭へ