職場に置ける帰宅できないときのための備蓄セット

南海トラフ地震や東京でおきる首都直下型地震では、新幹線や電車が長い間止まるといわれており数日で家に帰れない人が多くでるといわれています。

道路も寸断されたり大渋滞するほか、高速道路は一般車の乗り入れが禁止されます。
特に南海トラフ地震では
名古屋付近(中京都市圏)で400万人、
京都大阪付近(京阪神都市圏)で660万人
の帰宅難民がでる予測がでています。

東日本大震災の時に東京から自宅へ歩いて帰った人の状況はこちら

職場から歩いて帰るために必要なもの

10~15km以内に自宅がある方は、職場で地震に遭ったときでも大火事や道路の混乱がなければ、歩いてその日のうちに帰ることができるかもしれません。

そのために必要なのは

  • 歩きやすい靴
  • ライト
  • ペットボトル水・非常食
  • レインコート・軍手・ヘルメット・救急セット
  • 簡易トイレ

が必要です。

職場で寝泊まりするためのグッズと共通点もありますが、
大きく違うのは、
レインコートやヘルメット、歩きやすい靴などです。

普段フォーマルな革靴やハイヒールを履いている方は、職場のロッカーなどにスニーカーを一ついれておくことをおすすめします。

職場が徒歩圏内の方向け~

肩掛け式の歩いて帰るための被災グッズ
会社から歩いて帰るための防災グッズ

エアーマットなどの寝具が入っていないので、
徒歩圏(おおむね10キロ以内)の方には最適ですが、
自宅に帰れない遠距離通勤の方には向きません。

非常時持ち出し袋のサイズ27×幅12cm×高さ19cm
全体の重さ 1.8kg

こちらは職場に寝泊まりするのではなく歩いて帰るためのグッズセットです。
そのため睡眠グッズが入っておらず、レインコートや煙フード、軍手などがついています。

買い足さないといけないもの
こちも携帯充電器はない(最新型iPhoneが充電できない)ので、確実に充電できる乾電池型充電器を追加したほうがよさそうです。

徒歩で帰宅するための帰宅困難支援セット

肩掛け式2.3kgの帰宅困難支援セット

bandicam 2016-05-19 01-16-44-755
全体の重さ2.3kg

こちらも長距離を歩いて帰るための防災用品セットです。
保存水・乾パン・サージカルマスク・ヘルメット
携帯トイレ・ライト・軍手・防水性のポンチョ
が入っています。

このセットに足りないものは、携帯充電器です。確実に充電できる乾電池型充電器を追加したほうがよさそうです。
肩掛け式の帰宅困難者支援セット

会社によっては人数分備蓄していることもあるので、個人で準備するまえに一度聞いておくと良いかもしれません。

  

職場で寝泊まりするための避難グッズ

遠距離通勤で当日帰れない方向け

職場で寝泊まりするには

  • 寝泊まりのために:エアマット・アルミの毛布・寝袋
  • トイレ対策:非常用トイレセット
  • 暑さ寒さ対策:電気が止まる場合もあるためカイロや冷却シートなど
  • 食料・水:最低1~3日分の非常食と飲み水
  • 情報対策:携帯充電器・ラジオ

などが必要です。

A4ファイルサイズで収納が楽な帰宅困難支援セット

職場で寝泊まりするためのグッズセット

非常袋の大きさ34センチ×44センチ
重さ1200g
収納時の箱の大きさ A4サイズで厚み9cmの箱

この防災セットには、

  • 懐中電灯・ホイッスル
  • 防寒シート・日本製エアーベッド(外国製は空気が抜けてしまう)
  • 空気枕・耳栓・アイマスク
  • 簡易トイレ・保存水
  • 歯ブラシ・長期保存ウェットティッシュ・カイロ・マスク

が入っています。

色々な帰宅困難支援セットを見ましたが、これが一番手に入りにくいもの(エアーマットなど)が充実していたように思います。

買い足さないといけないもの
ただこのセットには不足物があります。
非常食
500mlの水が1本のみ
携帯充電器

携帯充電器は、確実に充電できる乾電池型がおすすめです。
⇒乾電池型充電器

職場で寝泊まりするための帰宅困難支援セット15点

帰宅困難時の3日分のA4サイズの非常食セット

職場に置く3日分の非常食

東日本大震災の時は、都心の電車は翌日には動いたためすぐに帰宅できましたが、南海トラフ地震の場合は数日帰れないことも想定されています。

その場合、職場に3日程度の食事を置いておくと安心です。

  • アルファ米(380キロカロリー)6個
  • バランスクッキー(310キロカロリー)3個
  • 非常用パン(360キロカロリー)3個
  • 魚の缶詰(150キロカロリー)3個
  • スープ(60キロカロリー)3個

食品加熱キット

この非常食は帰宅困難対策で作られた3食3日分のセットです。
脂質でカロリーを増やしている高カロリークッキーだけに頼らず、ごはんやパンなどを取り入れながら充分な熱量を取れる非常食セットです。

メニュー例

朝 アルファ米+玄米スープ
昼 パンの缶詰+バランスクッキー
夜 アルファ米+魚の缶詰

3日間ローテーションします。

3日分の合計は4900kcal、1日1640kcal取れます。
重さは2.3kg オフィスで収納しやすいようA4サイズの箱に入っています。

棚に厚み13cmで収まるのでそれほど場所を取りません。

2L入りミネラルウォーターを1本追加

ただアルファ米を戻すのには水が必要なので保存水も置いておかないといけません。
必要量は1個160cc、6個なので1Lあれば充分な計算です。

食品加熱材で茹でるのに使う水は別に必要なのでプラス1L、
2Lボトルを1本を用意しておけば充分です。

会社に置ける3日分の非常食セット


楽天で人気の2~3人用防災セット

このページの先頭へ