巨大災害時の人数別の非常用飲み水の備え方

1週間の備蓄で必要な水

飲み水 
生活に必要な水

飲み水は一人2L程度
最低限の調理や手洗いに1L

必要といわれています。

水の種類
5年・7年・10年保存水
普通のミネラルウォーター

家庭に合った水の備え方

2年保存、5年保存水どちらを備えたらいい?

いつもペットボトル水を買っている場合

普段からペットボトル水を飲んでいる場合は、いつもより多めにストックしておくだけで大丈夫です。古い水から飲めばいいのでわざわざ高価な保存水を買う必要はありません

ペットボトル水を飲む習慣がない家庭の場合

問題はミネラルウォーターを全く飲まない家庭での備えです。

災害の備えだけのためにストックする場合、
普通のミネラルウォーター
(スーパーなどに売っている普通の賞味期限1年のもの)

5年・7年保存の非常用の水
(普通の水より高価だが長持ちする)

どちらにするか迷うのではないでしょうか

2リットルペットボトル水の価格

1~2年のスーパーの普通の水は2L×6本ケースで400円~600円
2年持つ水

5年保存水は底値が2L×6本ケースで1300円程度
非常用のペットボトル水~5年保存

10年保存水は3400円程度
10年_家族の水を備える

600円の2年保存水は10年間で5回買い換える必要があり、10年で1ケースあたり3000円
1400円の5年保存のは10年間で2回買い換える必要があり、10年で1ケースあたり2800円

2年でも5年でもコスト的にはほぼ変わりません

賞味期限が切れた水は、多少超えてしまっても数ヶ月なら飲めますし、2年以上切れても生活用水としては充分に使えます。

2年ごと水のほうだと賞味期限が切れても生活用水用の水として使える量が溜まります。
収納場所があるのであれば2年保存水のほうがお得といえます。

水タンクに水道水を溜めておける?

ミネラルウォーターは賞味期限が短いものでは1年、保存水なら最大10年あります。
しかし賞味期限の管理が面倒なうえに、普段飲まない家庭ではもったいないという気持ちもあると思います。

18Lタンクなどに水道水をためて保管することはできるのでしょうか。

水道水は塩素で殺菌されているので、ポリタンクなどに溜めると3日程度は飲み水として使えます。
しかし、それ以上経つと殺菌作用がなくなるので飲み水にはなりません。(生活用水には使える)

そのため、汲み置きだけに頼るとすると3日ごとに汲み直さないといけません。

さらに浄水器を通した水は塩素の効果がなくなっているので1日おきに汲み直さないといけません。

水を普段から汲んでおくことは大切なことですが、飲み水として使うことは手間を考えると現実的ではなさそうです。

このページの先頭へ