ウォータープルーフの日焼け止めは部活におすすめ

ですので、2-3時間ごとに塗り直すことが推奨されているのはそのためです。

ウォータープルーフのもの

img1092

であれば法治す回数を減らすことができるということがわかっています。

まずウォータープルーフは水に強いということがあります。

例えば海やプールに行く時はすぐに水がかかって普通の日焼け止めであればあっという間に落ちてしまいます。

そのようなトラブルをウォータープルーフのものであれば避けることができます。

汗に少し強いなぜウォータープルーフの日焼け止めがアウトドアで使われるかと言うとウォータープルーフの日焼け止めは汗に少し強いということがあるからです。

普通の日焼け止めでは直ぐに流れ落ちてしまいますが、ウォータープルーフのものであれば若干落ちにくくなります。

ウォータープルーフでも汗にはやはり少し弱いので水に当たるよりは早く落ちてしまいます。

ウォータープルーフの日焼け止めが必要な場所は例えば海は山そして汗がたくさん出てしまうスポーツを行う時などはウォータープルーフのタイプを飲んだ方がいいでしょう。

しかし顔にはどうやって塗ったらいいでしょうか。

顔は500円玉サイズを塗らないといけませんし、クリームタイプであれば真珠1cm程度のもののサイズを塗る必要があります。

ウォータープルーフの日焼け止めを使うときの注意点としてはパッチテストをしてから使うということがあります。

若干普通の日焼け止めより強いので目立つないところでパッチテストをして肌に合わないかどうかチェックしておく必要があります。

特に全身塗ってしまった後でアレルギーなどが起こると後で炎症治す時にしつロイドのを使わないといけないことがあります。

紫外線をカットするアイテムには賞味期限がある

img938

紫外線をカットする日傘や紫外線をカットする洋服など様々なものがあります。

しかし実はずっと使えるものではなく賞味期限があるということが分かっています。

なぜ紫外線をカットしないできないかと言うと美容的な目的はもちろんあるんですが、それ以上に紫外線に当たって皮膚ができる可能性が高くなるからです。

紫外線をカットするグッズには寿命があります。

光に当たると効果がだんだんと落ちてきます。

まず日傘や手袋など紫外線をカットするものはだんだんと紫外線をカットする能力が下がってきてしまいます。

しかし黒っぽいものであれば紫外線をカットする力が強く長持ちさせたい場合は黒い傘や黒い手袋などを選んだ方がいいと思います。

UVカットの服もあります。

UVカットの服は何度も洗濯をしているとだんだんと効果が落ちていくことがあります。

例えば帽子や手袋などがあると思いますが、30回以上洗うとだんだんと効果が落ちて行きます。

黒いものはやはり効果が高く続く場合が多いですので、黒いものを選んだ方が良いのではないでしょうか。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

img1025

使われている日焼け止めクリームをどうやって使い分けて行けば良いのか

まず日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が使われているものがあります。

携帯によっても様々なものがありクリームタイプやローションでできているものそしてオイルや乳液そしてウォータープルーフやスティックタイプなど様々なものがあります。

大きく分けると成分としては紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の二つの種類があります。

紫外線吸収剤は使いやすいものですが、デメリットもあります。

まず紫外線吸収剤は皮膚の上でよくのび村がなく塗ることはでき気持ちよくケアをすることができます。

効果も長く持続します。
紫外線をカットする力も強力です。

しかしデメリットもちゃんとあります。

まず肌にいい印象を与えてしまう可能性があり肌荒れをするかもしれません。

紫外線散乱剤は金属の粉が使われているのであまり肌に悪くはありませんが、ベタベタしたり白くなったりするなど使っている上でのトラブルが起こることがあります。

SPFとPAについても理解しておく必要があると思います。

まずどの程度紫外線をカットできる角岡を表しています。
効果はどのように考えるかというとSPFが中のものであれば浴びている紫外線を10%に抑えることができます。

SPFが20であれば5%にすることが出来30代は3%にすることができます。

そしてPAという数字は紫外線Aに対する効果を表しています。

日焼けしない方法について詳しい解説はこちらホームページに書いてあります。
参考サイト:日焼けしない方法

このページの先頭へ