災害時には防塵マスクが必須~感染症や瓦礫の片付け

3M Vフレックス 防じんマスク 9105J-DS2
噴火2

災害時は建物の倒壊でアスベストなどの粉塵が出たり土埃が舞ったりして、そのまま作業するのは危険です。

避難所では風邪やインフルエンザがはやることも多いです。

マスクは必須!でも、普通の布マスクや不織布マスクではまったく効果がありません!素通りしてしまいます。

インフルエンザに限らずウイルスや細菌、そしてアスベストは粒子が小さすぎて普通のマスクでは防げないんですね。

ウイルスやアスベストを遮断する防塵マスク

そこで活躍するのが、防塵マスク(ぼうじんマスク)というものです。

防塵マスクは、○○μメートルの粒子を通過させない、などの基準をクリアしたマスクです。
○○というところに粒子の大きさが入り、具体的にはDS2などの規格があります。

ウイルスや、粉塵をカットするのは9105J-DS2のような DS2の基準をクリアした防塵マスクです。

9105J-DS2は3M社のVリフレックス

マスク

マスク箱

インフルエンザウイルス、PM2.5などの細かい大気汚染物質、火山灰などを90%以上カットします。

放射性廃棄物の作業や瓦礫の処理にも使われる本格的(業務用)マスクです。

これより厳しい規格のマスクもあるのですが、網目が細かいので息がしづらくなってしまいます。
一般的にはDS2で充分ですね。

災害時は必須アイテムなのですが、一度災害が起きると売り切れてしまってなかなか手に入りません。

感染症や空気のよごれから肺やのどを守るためのものなので、水や食料の次に大切なものですね。

防塵マスクは平時から備えておきたいですね。
地震の瓦礫処理にDS2準拠防塵マスク20枚セット

このページの先頭へ