ICF-B88必携!災害時のおすすめ手回し防災ラジオ!

大災害の時は、携帯は使えません。スマホは電波が大丈夫ならいいですが、発信局が止まってしまったり、パンク状態になることも、・・

やっぱりラジオ
防災ラジオICF-B88

  • 電池の持ちがいい・・80時間聞ける
  • ラジオの電波は止まらない

停電すればPCやルーターが使えなくなるのでインターネットにもつなげなくなります。

そうしたら残る情報源は・・
テレビ・・これは電気がないのでだめ
ラジオ・・これなら電池を買い置きしておけばいいので動きます。

東日本大震災でもラジオと地元掲示板が最初の1ヶ月は頼りだったとか。
ラジオが災害に強いことを実感した方も多かったと思います。

それではどんなラジオがいいでしょうか?

防災ラジオに必要な機能

  1. 少ない電池で長く聴けること
  2. 単三電池か単四電池2本で動く
  3. 手回し充電機能がついている
  4. 防水性がある

あるとかなり便利な機能

  1. イヤホンが使える
  2. LED明かりの機能

あんまり必要ない機能

  1. ソーラー式充電
  2. 携帯充電機能

昔の単二電池が4本も必要なやつは、すぐに電池がなくなって使えなくなるのでやめたほうがいいですね。
200~300g程度で、電池が2本で動くものがおすすめ。
今のラジオは1回の電池で30時間くらい聞けます。

でも電池はいずれなくなるので、手回し機能がついていないと困りますね。
ソーラーをあまり要らない機能にしたのは、実際に使ってみてものすごく充電に時間がかかったからです。
そしていつも太陽が出ているところにいるとは限りません。

手回しの方が断然充電が早いので、手回し充電機能があればいいです。
ただ、回すときかなりうるさいいので避難所などで、隣で人が寝ているときは使えないかもしれません。

携帯充電機能は、専門の充電装置でやったほうがいいです。

イヤホンは必須の機能でもあります。
避難所でラジオをそのままスピーカから出す訳にはいきません。(結構うるさいので)
そして、イヤホンで聞いた方が、断然電池消費が遅いというメリットもあります。

おすすめの防災ラジオ

その点を考慮して、一番いいと思ったのが、ソニーのICF-B88かICF-B08です。

ICF-B88とICF-B08の違いはソーラー充電機能のある・なし
ICF-B88は、ソーラー充電機能あり
ICF-B08は、ソーラー充電機能なし

※ICF-B08はソーラー機能の所に大きいライトがついている

ソーラー充電機能以外は同じ性能ですので
ソーラーが要らない方はICF-B08で充分
むしろ、大きいライトがついているのでICF-B08の方が現実的には重宝するでしょう。

個人的なおすすめはICF-B08

ソーラーは使わないし、明かりが欲しい・・LEDがとても重宝です。

ICF-B88ソニーの防災ラジオ

防災ラジオICF-B88

 

7240円

機能と電池持続時間

  • 手回し充電機能
  • LEDライトあり
  • 防水仕様
  • 単三電池2本で動く
  • USB、ACからの充電機能
  • 携帯充電機能
  • LEDライト点灯50時間
  • FM 80時間(イヤホンならもっと聞ける)
  • AF 100時間(イヤホンならもっと聞ける)

ICF-B08ソニーの防災ラジオ

ソニー災害ラジオICF-B08

 

5500円

ICF-B88のソーラー機能がないバージョンです。

ソーラーの所に大きいLEDライトがついています!
ソーラーが要らない方はこちらで充分
ソーラー充電機能以外は同じ性能です。

ソニー防災ラジオICF-B08(送料込み)

このページの先頭へ